骨盤矯正で脚やせをする

脚やせをするには脚のゆがみをとって、血行を良くしなくてはいけません。
しかし、一見脚だけのゆがみだけだと思われていても、骨盤のゆがみが原因のこともあるのです。
骨盤は体の土台とも言えるものです。
その土台のゆがみを治さなくては、脚やせはできません。

骨盤がゆがんでしまうと、立つときにバランスが取れなくなってしまうので、他の部分でバランスを取ろうとします。
その影響が一番出やすいのが、脚です。
骨盤がゆがむと膝もゆがみ、さらに足首までゆがんでしまいます。
また、血行も悪くなるので、足全体がむくんで太くなります。

骨盤矯正を自分でするストレッチなどもありますが、一番いいのが整体に行くことです。
最近はカイロプラクティックでも脚やせコースを設けているところもあり、O脚やX脚改善コースが人気です。

しかし、いくら施術代を支払って一時的にゆがみが取れたとしても、その姿勢を保たなければ意味がありません。
日常生活のなかで常に正しい姿勢を保とうという、本人の努力も必要になります。