激しい運動は足痩せの妨げになる

足痩せ目的で脂肪を燃やすには、筋肉を使わなくてはいけません。
しかし、筋肉を鍛え過ぎると筋肉自体が肥大してしまい、足が太くなってしまいます。
女性にはあまりみられないタイプですが、学生時代にスポーツをしていて、他の人よりふくらはぎが発達している場合がります。

足痩せをするには、激しい運動は禁物です。
激しくダッシュをする陸上選手や競輪選手の脚は、筋肉が発達してとても太いですね。
また、息が切れるほど激しいスポーツをしてしまうと、活性酸素が増えて体が錆びてしまいます。
健康のためにスポーツを始めることは大切ですが、自分の体力に合わせたレベルの運動を、無理なく続けることが大切です。

もし今までスポーツをしたことが無い人が、足痩せをするために体を動かすなら、まずは歩くことから始めましょう。
正しい姿勢を保ち、いつもより早く歩くだけで十分運動になるのです。
そして体を動かした後はお風呂に浸かったりストレッチをしたりして、筋肉の疲れを取ってあげることが大切です。